文化・教育支援事業

文化・教育支援事業 文化・教育支援事業

 

兵庫県ワシントン州事務所では、兵庫県のプロモーションおよび日本の文化の紹介を行うため、ワシントン州内の小、中、高校や「桜祭り」や「秋祭り」など毎年行われる日本関連イベントにて、兵庫県を中心とした日本の文化を紹介するプログラムを行っています。今までには、着物や浴衣を着て楽しんでもらう ” Kimono Wearing”や、日本料理屋のシェフを招いて日本料理の作り方を教える”Japanese Cooking Class”などを行ってきました。

 

また、日本語教育推進をサポートするため、米国内では2番目に大きい「日本語スピーチスキットコンテスト」への協力や、日本語教師の方たちのための毎年恒例のプログラム、「サマーインスティチュート」を共催しています。

 

<主な年間行事>

1月:オリンピアお正月祭り

4月:桜祭り、日本語スピーチ&スキットコンテスト、サクラコン(北米最大級アニメ・コスプレ祭)

5月:こどもの日

6月;ケントインターナショナルフェスティバル

7月:スクイムラベンダーフェスティバル

9月:秋祭り

10月:シアトルマリナーズキッズデー

11月:文化の日

12月:もちつき

 

※また、兵庫県内の高校生の留学プログラムの受け入れのサポート、地元大学・神戸大学から夏のインターンシップの受入など行っています。

文化・教育プログラムにご関心のある方は、下記までいつでもご連絡ください。

 

連絡先:文化・教育担当マネージャー(日本語可)office@hyogobcc.org


● 姉妹校交流支援

当事務所では、兵庫県内の学校とアメリカ国内の学校の姉妹校交流を支援しています。

2012年から県立伊丹高校とNY市立バルーク高校が当事務所と在NY日本国総領事館の支援で姉妹校としての交流を開始しました。

兵庫県立伊丹高校とニューヨークのバルーク高校の様子(伊丹高校ウェブサイト

 

● 日本語教育

日本語教育推進をサポートするため、米国で2番目に大きい「ワシントン州日本語スピーチ&スキットコンテスト」の開催に協力しています。

ワシントン州で日本語を教える高校は100校以上あると言われています。その日本語力を披露する機会がこのコンテスト。2013年に30回目を迎え、31回目の2014年には、はじまりの場所、シアトルセンターで行われる恒例の桜祭りでの開催に復帰しました。

 

日本語教育

今後も兵庫県ワシントン州事務所では、このコンテストに協力を続けていきたいと考えています。

お問い合わせ:office@hyogobcc.org 

 

● ワシントン州との教育交流

兵庫県とワシントン州は1963年県・州姉妹提携締以降、相互に協力し合ってきましたが、2013年の50周年を機会に再度、ワシントン州教育省と兵庫県教育委員会が、相互理解と友好親善を確認しあいました。詳しくは、ワシントン州のウェブサイトで(英語) 協定書(PDF)

協定書