駅弁
  • 淡路屋-すき焼き弁当

~駅弁文化~

駅弁(えきべん)とは鉄道駅や列車内で販売されている鉄道旅客向け弁当のことであり、1885年7月16日に栃木県の宇都宮駅で販売されたおにぎりが発祥であるとされています。現在では、単なる実用的な食事ではなく、地域の特産品などをふんだんに盛り込み、地域ならではの味を表現する駅弁が全国各地で発展しています。

 

 

 淡路屋

駅弁を作り続けて一世紀あまり。 駅弁で育んできた味を、より多くの人々に味わってもらうために、レストランや店舗などへの経営にも幅を広げ続けています。世界中のおいしさが集まり、古くから港町として栄えてきた神戸を発進地として、淡路屋の味は展開されています。時代の変化と共に、新しいアイデア、新しい味づくりにチャレンジし、未来の食文化を支えています。

・神戸すき焼き弁当

現地で調達した食材を淡路屋らしい味付けで、すき焼きを駅弁で再現します。